入社の理由

谷口和則社長から手伝ってくれないかと相談を受けたことがきっかけ

志望動機、入社の経緯、入社の理由

株式会社谷口実業:Oさん

谷口和則社長とは中学校からの同級生で中学卒業以来久しく会っていなかったのですが、たまたま23歳ぐらいの時に近所のスーパーで合い少し話をしていたら仕事の話になり、お互いに違う会社で型枠の仕事をしているのがわかり、話の流れで谷口和則社長が自分で型枠の会社を興してやっているのでもしよかったら手伝ってくれないかと相談を受けたのをきっかけに、そこから連絡を取り合って食事に行ったり飲みに行ったりして誘いを受けてました。

話を聞いているとみんな若いメンバーで楽しくやっていることなどを聞いていると、自分が勤めているところは年輩者が多く若い職人はあまりいなくてうらやましく思えてきました。

そんなことを考えていたら自分の先行きの人生などを考えるようになり、もしかしたら今が転機なのかを考え、思い切って谷口和則社長に一緒に仕事をして行く意思を伝えたら喜んで引き受けてくれたので、自分の勤めていた工務店をやめて谷口実業に入りました。